「 マナビ探検 」一覧

タイワニーズにメロメロ?国境を越えてパターンを発見、服務設計工作坊の話し。・・・20170623fri.~26mon.@台北その①

イキなプログラムに参加した。 6月24日(土)25(日)の2日間、台北市内で開催された、服務設計(サービスデザイン)を考える台湾-日本合同の共創ワークショップ(工作坊)(*1)。 これがなんともイキ(*2)だったのだ。 タイワニーズ、ジャパニーズ、男子、女子が混合チームを組み、エスノグラフィーを行い、台湾へのインバウンドを増やすサービスデザインを考える。 私...

オレトク筋を鍛える?サドンデス・ワークショップの話し。・・・20170528sun.@LINKオフィス

「オレトク勉強会」が4回めを数えた。 修了してまもなく1年、大阪大学ワークショップデザイナー育成プログラム(以下、阪大WSD※1)の同期生たちとの自主的な勉強会(ミートアップ)である。 「参加者一人ひとりが率先して自分にとって得ること(=オレトク・俺得※2)を確保する」という意味がある。 「お客さんになる(他者からのインプット)」と「よかれと思ってがんばる(他者へのアウトプット)」双...

「『闘争』としてのサービス」からは遠そうな妄想としてのクジャクの話し。・・・20170526fri@Xデザインフォーラム

ドリームメンバーである。 千載一遇、私ですら(?)知っている、「そのスジの煌星(*1)」たちが一堂に会する。 行かんとイカンやつやろ! 金曜の午後、自転車を飛ばし「Xデザインフォーラム」会場、マテリアル京都へと向かう。 ■第1部WS 山崎和彦氏プレゼンツ。 「中級者以上」とされた、このワークショップがめっぽうオモシロかった。 お題(※)...

「プロッキー」をググったヒトと 「ゼミ」を知らないヒトがデザイン山で出会った話し。・・・20170513sat@名古屋大学

文学部がナゾであった。 いや、総合大学そのものがナゾである。 「ゼミ」もわからない。 総合大学を構成しているであろう「アタリマエのことども」がイチイチわからない。 ナゾだらけの総合大学の文学部(正確には大学院なので研究科)の有志のみなさんを実験台(?)として、セミナー&ワークショップの機会をいただいた。 名古屋大学大学院日本文化学専門の学生さんたち(修士課程と博士課程)を対象...